コンドームで避妊した場合の経過について

日本の社会においては、まだまだ男性が主導になっている部分がかなりあります。
これは男性と女性の性交渉に関してもいえることです。
女性が自分で身を守るというよりも男性がコンドームを使って、性交渉の際に精子が体内に入らないように調整をしていくことが一般的だからです。
ですから、ホテルなどに行ってもコンドームが置いてあったりして、避妊方法として行われているのです。
コンドームは避妊のほかにも性感染症の予防にも効果のある避妊具ではあるのですが、一方で成功率が高い避妊法とはいえないものです。
コンドームを使ったとしても、時にはタイミングが悪かったりすることでその効果がなくなってしまったり、さらには勢いでコンドームが破けてしまうといったこともあるのです。
ですから、確実で100%の避妊方法とはいえないのです。
避妊に失敗してしまったという場合には、あとで生理がくるまでにとても嫌で心配な毎日を送ることになります。
ですから、失敗した時点で経過を見ながら、ほかの方法も検討してみるのもいいでしょう。
例えば、緊急用のピルを服用するという方法などもあります。
これは性交渉をしてから72時間以内に中用量のピルを服用することで、もしもできてしまった受精卵があるとしても、それを子宮内に着床させるのを防いでくれるのです。
受精卵も子宮に着床しなければ成長していくことができないのです。
ですから、緊急用のピルの服用というのも効果的ではあるのです。
このように、コンドームを使用して男性が避妊に協力してくれたとしても失敗をしてしまう可能性もあるものなのです。
望まない妊娠をしないためにも次の方法も考えつつ、妊娠を防ぐことができるようにしたいものです。